カテゴリ 耳のケア


耳のケア

赤ちゃんがよく聞こえるかどうかを知る方法

赤ちゃんに聴覚刺激を与え、赤ちゃんがこれらの刺激にどのように反応するかを観察することは、赤ちゃんの聴覚と聴覚が適切に機能しているかどうかを確認するのに最適な方法です。この刺激は、赤ちゃんが母親の子宮にいるときでも開始できます。それはあなたの言語とコミュニケーションの発達にとって非常にポジティブなものになるでしょう。
続きを読みます
耳のケア

赤ちゃんの耳をきれいにする方法

綿棒で赤ちゃんの耳を掃除しようとしたことがありますか?まあ、あなたはそれを繰り返すべきではありません。赤ちゃんの耳をきれいにする必要はありません。子供の耳腔に形成されるワックスは、外耳道をほこり、湿気、細菌などの異物から保護する機能があるため、取り除くことができません。
続きを読みます
耳のケア

息子に聞いて聞いてほしい

幼年期の聴覚障害を取り巻く疑問、恐れ、不確実性がたくさんあるので、私は聴覚障害児の父親または母親である人だけが私の言うことを理解できたと思います。映画「ホランダー教授」を見る機会があったとしたら、私が何を話しているのかがわかるでしょう。
続きを読みます
耳のケア

赤ちゃんの難聴を検出するテスト

小児難聴の早期発見は、時間通りに治療を行い、子供の問題や言語の変更を回避するために不可欠です。科学技術分野の進歩により、生まれたばかりの産科病院を出る前であっても、新生児に実施できる2つの検査が実施されました。
続きを読みます
耳のケア

新生児の難聴のスクリーニング

コミュニケーションと連絡を取り合うためのさまざまなシステムは、現代社会の最大の成果の1つです。しかし、子供や人がうまく聞き取れないためにコミュニケーションが取れなくなった場合はどうなりますか?世界保健機関によると、世界中の3200万人の子供たちが難聴に苦しんでいます。この病気は、早期発見、予防接種、そして母親と子供たちのための優れたプログラムを通じて防ぐことができます。
続きを読みます
耳のケア

小児難聴の原因と診断

小児難聴は、子供の感情的、認知的、社会的発達を深刻に損なう可能性があります。このため、赤ちゃん、両親、および環境の間のコミュニケーションを刺激する仕事ができるだけ早く始まり、その発達に急速に影響を与えるように、その診断ができるだけ早く行われることが重要です。
続きを読みます
耳のケア

子供と赤ちゃんの中耳炎。耳痛

中耳炎(鼓膜の後ろのスペース)の炎症で、子供の頃、主に3歳未満の子供で、保育園に行き、風邪の結果として粘液を蓄積します。感染によって引き起こされ、風邪、インフルエンザ、または粘液を伴うその他の上気道症状が先行します。
続きを読みます