カテゴリ 心臓病

乳幼児の先天性心疾患
心臓病

乳幼児の先天性心疾患

スペイン心臓財団およびスペイン心臓学会によると、乳幼児の最も一般的な先天性心疾患は、心室中隔欠損症(VSD)、ファロー四徴症および心房間コミュニケーション(ASD)です。これらの心臓病の治療には早期診断が不可欠であり、手術の進歩により予後はますます良好になっています。

続きを読みます

心臓病

子供の心雑音はどのように診断されますか?

式&39;心雑音&39;両親にとっては気になることが多い。ただし、子供の雑音の特徴を決定する補完テストが完了するまで、穏やかさと楽観的な見方を知ることが重要です。これは、生理的、機能的、したがって一時的な雑音である可能性があります。子供は通常の生活を送っていますが、身体活動や心臓の監視に制限はありません。
続きを読みます
心臓病

赤ちゃんと子供の心雑音

多くの親は、子供が心雑音と診断されたときに最悪の事態を恐れます。ただし、この診断は実際には非常に一般的です。実際、多くの子供たちの人生のある時点で心雑音が検出されています。ほとんどのつぶやきは心配の原因ではなく、子供の健康には影響しません。
続きを読みます
心臓病

乳幼児の先天性心疾患

スペイン心臓財団およびスペイン心臓学会によると、乳幼児の最も一般的な先天性心疾患は、心室中隔欠損症(VSD)、ファロー四徴症および心房間コミュニケーション(ASD)です。これらの心臓病の治療には早期診断が不可欠であり、手術の進歩により予後はますます良好になっています。
続きを読みます
心臓病

2月14日。世界の先天性心疾患の日

&39; Menudos Corazones&39; Foundationの責任者であるアマヤサエズは、2月14日の世界先天性心臓デーで財団で行われた活動について説明しています。先天性心疾患の治療に関する最新の医学的進歩は、これらの子供たちの平均余命の責任者は85%に達しています。
続きを読みます
心臓病

赤ちゃんに先天性心不全がある場合

赤ちゃんは心臓に先天性の欠陥があることがわかっている場合、心臓が常に最初にあなたの赤ちゃんの心臓を聞くときや緊張感や苦痛などのような優しい感情をもたらしますが、深刻な問題になることもありますが、それは良いことですほとんどの場合、先天性の問題は無害で乗り越えられます。
続きを読みます